リコネクション® リコネクティブ・ヒーリング® ヒプノセラピー 催眠療法 神戸 三ノ宮

ご予約、お問い合わせ 神戸 三ノ宮
癒しスペース ぶりりあん
癒しスペース ぶりりあん
トップページへReconnection®施術内容の解説催眠療法について料金案内セラピストについて地図案内セラピストのブログ
プレゼントキャンペーン
Reconnection®
リコネクティブ・ヒーリング®
リコネクション®
ヒプノセラピー(催眠療法)
ワークショップ
セラピールーム
料金表
ご予約、お問い合わせ
ご注意事項
代表セラピストプロフィール
ブログ
アクセス
ご意見、ご感想
ご連絡先はこちら
 神戸、三ノ宮
 癒しスペース ぶりりあん
 〒651-0093
 神戸市中央区二宮町
 4-11-13 高嶋ビル4F北側
 mail:mail@brillian.info
 TEL:078-201-9927
サイトマップ
リンク
TOPページ > ヒプノセラピー
ヒプノセラピー
ヒプノセラピーとは催眠療法のことです。
■ 恋人が欲しい!と考えているのに数ヶ月経ってしまった…。

■ こんなに苦しい恋愛ばかりもう嫌だ…。

■ 失恋して辛い…。

■ どうして私だけいつも失敗するの?

■ 人生をもっと楽しみたい!

■ お金さえあれば…。

■ 身体や心の癒しを求めている。


今の自分から変わりたい!!と望んでいるのになぜか何度も同じパターンを繰り返してしまう。


何故でしょう?


◆ 顕在意識と潜在意識との働きについてご存知ですか? 



一般的に2つの領域の比率は、

〈 顕在意識 1 〉対 〈 潜在意識 9 〉と言われており、


例えば、『 人前であがらない 』 ことを望んでいたとしても、

潜在意識に、『 人前であがる 』 といった思い込みが入力されていると、

顕在意識の思いとは裏腹に、『 人前であがって 』 しまいます。


他にも、『 自分は明るい人 』 『 暗い人 』 など、

性格、クセ、感情、行動、色んな思い込んでしまったメモリーを潜在意識に持っており、

そのメモリーに従って無意識に行動し、信じたことを演じて生活しています。


ヒプノセラピーは「α波」のリラックスした状態にセラピストが催眠誘導することにより、潜在意識にアクセス。


間違ってプログラミングされた、必要の無いメモリーを消去し、本来の才能や能力の発掘へと繋がることで、

本当の自分を取り戻すセラピーです。


催眠状態で自分自身のメッセージに気付くことで、安全で穏やかに自己変革を望めます。


不思議なことですが、深いレベルで自分自身に変化が起きれば、周りの環境もおのずと変化していくようです。



(※セラピー中に意識を失うことや、

自らが望まない強力な暗示を受け入れるということはありませんので、ご安心下さい。)
ヒプノセラピー 主な手法について
■ 年齢退行 ■

今抱えている問題、悩みの原因になっている時期に戻り、長年抑えてきた感情を開放し、

プログラムの書き換えを行うことで、新しい未来を選択していくセラピーです。


■ 前世療法 ■

現在ではない、過去の人生を体験することで、今の人生の生きる目的や使命、

大いなる自己との対話を通して、潜在意識にあるメッセージを受け取っていきます。


■ 未来世療法 ■ 

前世療法と同じく、現在ではなく未来の人生を感じることでメッセージを受け取ります。


■ 未来順行 ■

普段何を感じ、何を信じているかでも未来は変化します。

無限の可能性を秘めた未来にアクセスし、メッセージを受け取ることで、

今後どんな人生を選択したいのか、未来の自分を通して気付きを得るセラピーです。


■ その他 ■

上記手法又は、それ以外の手法を用いて、今必要なメッセージ、癒しを受け取っていきます。

ヒプノセラピー 料金

◆90分 15,000円

[ カウンセリング + ヒプノセラピー 1回 + シェア ]


カウンセリング時にご相談内容を詳しくお伺いし、

現在の状態に合った最適な方法で、潜在意識に眠っている感情、思い込み、トラウマを癒していきます。



◆180分 28,000円

[ カウンセリング + ヒプノセラピー 2回 + シェア ]


セッションを集中的に行い、

問題を引き起こしているプログラムに多方面からアプローチをかけていくことで、癒しが高まります。

遠方からお越しの方や、お仕事のお休みを何度もとることができない方にもお勧めです。

ヒプノセラピー その他メニュー例
【 恋愛力向上ヒーリング(ヒプノセラピー)】

■ 恋人が欲しい。

■ どうして周りが反対する人ばかり好きになるのだろう?

■ 辛い恋愛ばかりもう嫌だ!


分かっているはずなのに何度も同じ恋愛パターンを繰り返してしまうのは何故でしょう?


心の奥にある、恋愛に対する間違ったプログラムを解除することによって、

同じパターンからの脱却と気付きを得るセラピーです。


◆90分 15,000円

◆180分 28,000円

【 失恋ヒーリング(ヒプノセラピー)】

■ 恋人との別れから時間が経っても、心が癒えない。

■ 離れた恋人の存在が、心の中ではまだ近くに感じて辛い。

■ 失恋から立ち直り、新しい自分を選択したい。


別れた恋人と自分との距離や関係、心の奥を見つめなおすことで、

気付きを受け取り、輝いた日々を選択していくセラピーです。


◆90分 15,000円

◆180分 28,000円

【 突然の旅立ちに戸惑う方へ(ヒプノセラピー)】

■ 愛する人がこの世を去る前に、自分の気持ちを伝えることができなかった。

■ 思い残した気持ちがいっぱいで、苦しい。


『 会いたいと望んでいる人が目の前に現れる。』 誘導を催眠下で行うことで、

今必要なメッセージを持った存在が現れ、気付きと癒しを受けとるセラピーです。


◆90分 15,000円

◆180分 28,000円

【 ペットロスヒーリング(ヒプノセラピー)】

■ 家族同然に愛し、生活を共にしていたペットとの別れから立ち直れない。

■ 今頃どうしているだろうか?自分と過ごして幸せだったのだろうか?


今の気持ちを伝えることや、メッセージを受けとることで、癒しを受けとるセラピーです。


◆90分 15,000円

◆180分 28,000円

【 マネーヒーリング(ヒプノセラピー)】

潜在意識にインプットされているものが、「お金に対する罪悪感や、お金を受け取る価値がない。」

というものだったとしたら、無意識にお金を拒否してしまいます。


間違って信じてしまったお金に対するプログラムの書き換えを行うことで、

新しいお金との付き合い方を選択していくセラピーです。


◆90分 15,000円

◆180分 28,000円

【 夢の引き寄せコース(ヒプノセラピー)】

■ ビジネス、恋愛、ダイエット、スポーツ、勉強などで結果を出したい方へ。

継続して受けることで、想いが現実化するスピードが加速します。


(ヒプノセラピーを何度も受けたい方や、特別な課題のない方もお受けいただけます。)


◆90分×5回 65,000円

【 テーブルカウンセリング(気軽にヒプノセラピー)】

■ ヒプノセラピーのプチ体験をしてみたい。

■ 話すことでスッキリしたい。

■ 手放したいものがはっきりしている。

など、どなたでもお気軽にお受けいただけるセラピーです。


(※ ヒプノセラピーの詳しい説明がありませんので、物足りなく感じるかもしれません。

本格的な癒しを求める方は、90分コース又は、180分コースをご予約ください。)


◆30分 5,000円

◆延長10分1,500円

【 理想体型引き寄せヒーリング】

[ カウンセリング + ヨガ(60分) + イメージトレーニングヒプノ1回 (30分) + シェア ]


まず始めに理想の状態をカウンセリング時にお聞きし、

次に日々の疲れにより、こり固まってしまった筋肉や関節をヨガで解きほぐし、心身ともにリラックスした状態で、

イメ-ジトレーニングのセッションへ入ります。


イメージトレーニング中に、潜在意識に望む姿や理想の自分を手に入れたワクワク感を伝えていくことにより、

現実化させる力が加速します。


心や身体の声を聴き、感じることで、リラクゼーション効果や痩身の効果も高く、

ダイエットをめざしている方、または体重を少し増加させたい方にもお勧めです。


◆120分 30,000円
ヒプノセラピーを受ける回数はどのくらい必要?
催眠状態で癒しや気付きを得、1回のセッションで高い効果が現れる方もいらっしゃいますが、

効果や反応については個人差がありますので、回数については一概には言えません。


何度か続けて受けて頂くほうが、より沢山のメッセージや気付きを受け取ることが出来るように思います。

(こちらから回数を強制することはありません。)

ヒプノセラピーQ&A
Report
1  説明
2  体験談
レポーター

ふみこさん<販売員>

1  説明


(ヒプノセラピスト小松原・以下K)ヒプノセラピー(催眠療法)について、どんなイメージですか?

(ふみこさん・以下F)えーっと、“催眠”って言葉を聞くと、「あなたは犬になれ。」そうゆう感じのイメージが強いです。


K) 今まで催眠ショーなどを見たことはありますか?

F) テレビで見たことがあります。

K) その中で、観客がマインドコントロールされているように見えましたか?

F) 本当なのかなぁ?と、どこかで思いながら、コントロールされているのかな?って、見えました。


K) 催眠ショーの場合、参加されるお客様は催眠を楽しみに来ています。

F) はい。

K) 催眠術師は、参加者にどの程度暗示力があるのか?確認をしていますが、

   「催眠にかかりたい」と望んでいる方が大勢、催眠ショーに来ています。

   ステージに上がった方は、ボランティアではありませんでしたか?

F) はい、そうでした。

K) ボランティアの方は、どちらかというと「かかりたい人」ですよね?

F) あー、なるほど。

K) その中で「あなたは犬です。」と言われたら、犬になりきっているのを見たのですね?

F) はい。


K) 参加者は意識が無くなって、勝手に動きだしているように見えましたか?

F) 見えました。

K) ですが、催眠ショー終了後「あなたは催眠にかかっていましたか?」

   とお聞きすると、大抵「私は催眠にかかっていません。」と答えます。

F) ほぉー。記憶が飛んでいるって事?ではなくて?

K) 「どうしてあなたは、催眠にかかっていなかったと言えるの?」と、お聞きすると、

   「催眠術師の声が聞こえていたし、皆の顔が見えていたし、

   何をしているかも分かっていたから、催眠にかかっていなかった。」と答えます。

F) へーっっ。犬になっていたのに催眠にかかっていなかったって言うの?

K) では、「どうして犬になっていたの?」と聞かれると、大抵の場合「わかりません。」と答えます。

F) あーっ。


K) 今から、『催眠とは、どういったものなのか?』を少し体験してもらいたいと思います。


   それでは、椅子に深く腰掛けて、足を伸ばしましょう。

   手を足の上に置いて、目を閉じます。
 
   深い呼吸をします。

   そうすると、どんどんリラックスしていきます。


   今、あなたは催眠を体験しています。

   私の声が聞こえていますね。

   外の音、部屋に流れている音楽も聞こえます。

   今どこに居るのかも分かっています。

   椅子のクッションの感触を感じています。

   
   それでは、今から私が3つ数えて「目を開けて。」と言うと、この部屋で逆立ちをします。


   1・2・3。はい、目を開けて。


― 無言後、座ったままの姿勢で笑い出す。

   
   逆立ちしたいですか?


F) しないとダメなのかな?って、気になりました。(笑)

K) 逆立ちしようと思いますか?

F) しようとは思わない(笑)


K) 催眠はマインドコントロールされて、指示された事を勝手にしてしまう不安があったかもしれませんが、実際はどうでしたか?

F) はい、しませんでした(笑)

K) そもそも、する気もなかったですね?

F) はい。

K) 自分がしたくないことは絶対にしません。

F) あーっっ、そうゆうことですね。


K) マインドコントロールされる事はないので安心してくださいね。

F) はい(笑)


K) 催眠を体験している時に意識が無くなる程眠りましたか?

F) 意識はありました。

K) そうですね、睡眠と催眠は別のものです。

   もしも、眠ってしまった場合、『睡眠』です。

   その時は催眠を続けることができませんので、起こします。

F) (笑)わかりました。


K) ですが、逆立ち以外にも、沢山の暗示を指示していました。

F) えー?

K) 『椅子に深く腰掛けて、足を伸ばしましょう。

   手を足の上に置いて、目を閉じます。深い呼吸をします。』

   なども暗示なのです。

F) あー。

K) 足ぐらい伸ばしてもいいなぁー、目は閉じてもいいな。

   と、ふみこさんが従っても良いと思った暗示だけを受け入れたわけです。

F) なるほど。


K) ヒプノセラピスト(催眠療法士)が「あなたは犬です。」と暗示を出したとしても、

   お客様側が受け入れたくない暗示の場合、行動に移すことはありません。


   やりたくない事を勝手にすることはありませんし、

   言いたくないことを無理やり言わされることもありません。

   言いたくないことは、言わなくても大丈夫です。


   ただ、ヒプノセラピストは、心の中全てを透視できるわけではありませんので、

   思っていることを言っていただかないと、何を感じているのかが分かりません。

F) あー、なるほど。

K) 情報を必要としていますので、思ったこと、感じていることはできるだけ口に出していただきたいです。

F) はい。


K) 以前、私自身が前世療法を受けた際に、男性の人生が現われ、「マイケル」という名前が浮かんだのですが、

   セラピストに伝えるのが恥ずかしかったので「名前は分からない。」とお答えしたら、何度も名前を確認され、

   恥ずかしい…と照れながら、最終的に答えたという経験があります。

K・F) (笑)

K) 私も、はじめての前世療法で名前を答えるのが恥ずかしかった経験がありますが、

   セッション中にどんな名前が出てきても、どんな内容が出てきても、その中で怒っても、涙が溢れても、

   ヒプノセラピストは、そこからなんらかの判断をする事はありませんので、ご安心ください。

F) はい。


K) ヒプノセラピストはガイドです。コントロールをするのとは違います。

F) 自分自身で、やっていくってことですか?

K) はい、そうです。

   「こっちの道ですよー。」とバスガイドのように引率していきますが、

   お客様が「そちらではない。」と言えば、

   「では、違う道でいきましょう。」と新しい道を案内します。

F) なるほどー。


K) 色んな道がありますので、セラピストが言うことに添わなくても大丈夫です。

   自分で気づいたこと、感じたことを伝えてくれた方が良いです。

  
   例えば「草原にいます。」と誘導をした時に、

   空を飛んでいると感じたら、「空を飛んでいる。」と言ってください。

   カレー食べているのなら、カレーを食べていてください。

F) (笑)


K) 無理に「草原に戻らないと!」と、慌てなくても大丈夫です。


   それから、『イメージ』について私達は“現実に起きているのか、空想なのか”の区別がつきません。


F) へー、そうなのですか?


K) テレビの料理番組を見ていると、「おいしそう。」と、唾液が増えた事がありませんか?

F) 梅干しを想像したら、口の中が唾液でいっぱいになるみたいな?

K) そうです。想像しただけで、すっぱくなる。


   目の前に梅干しが無いと分かっているのに、イメージをすると現実に目の前にある勘違いをしている。

   イメージをすると指令が送られ、それに合わせて体も働きはじめます。

   なので、唾液が増える症状も起こります。


   例えば、『1週間後に100人の前でスピーチをする事になった。』

   その間、「人前で話をして、もし失敗したらどうしよう、あがったらどうしよう、不安でドキドキする。」

   リアルなイメージをすればする程、“体験している勘違い”が起こるので、

   実際に大勢の前でスピーチをした経験がなくても、経験が“ある”という信念が生まれます。


F) なるほど。


K) イメージを受け取ることで、緊張の度合い、体の固まり具合を覚えるので、

   実際にステージに上がると極度に緊張したりします。


   では、どうすれば良いのか?


   「人前で堂々と話をして楽しい、真剣に聞いている観客の顔が見える、

   話終えると盛大な拍手、良いスピーチだったと喜ばれている。」


   など、ワクワクする、自分の望んでいる姿をイメージする事で、

   そちらも経験したことになり、心の深い場所で信じると、

   当日、堂々とスピーチをする可能性が上がります。

   
   ヒプノセラピーは、イメージを望む方向で体験していくこともできますし、

   『 なぜ人前で上がるようになったのか? 』

   根本的な原因になる“きっかけ”が何だったのかを探り、解放していくことも可能です。


F) 子供の頃の何か、体験だったり?

K) そうですね。思い込んでしまった心の奥にある間違ったメモリーを手放していくことも可能です。

   そのお話はもう少し後でしていきますね。

   
   次に、『イメージをすると体はどんな風に反応を示すのか?』を体験してもらおうと思います。

   
   ☆ふみこさんに両手を出してもらい、

   片手には分厚い辞書が乗っているイメージと、

   反対側の手首にはヘリウムガスの入った風船をイメージする誘導を行いました。





― 体験後 ―


F) あがってるー!!風船がくくりつけられていて、軽かったし、

   手の上に10センチぐらいの本が乗っていて重かったです!!

K) 素晴らしいイマジネーションですね。

F) よかった(笑)


K) ふみこさんは、顕在意識と潜在意識についてご存じですか?

F) 詳しくは知らないけど、聞いたことがあります。

K) 意識の部分について、簡単に説明しますね。

F) はい。


K) 私たちが、日常の中で物事を考えることや、知覚している(気付くことができる)部分を、顕在意識と呼びます。


   素晴らしい能力を秘めた意識が100あるうちの、

   3~7%(1秒間に12ビットの情報が立ち上がる)を使用しているのが顕在意識です。


   残りの部分を潜在意識と呼び、93~97%(1秒間に1100万ビット)以上を占めています。

   
   顕在意識と潜在意識の境界線は、6~12歳頃に閉じるので、

   潜在意識のなかで何が起きているのか、普段想像すらつかない状態です。


F) 除々に閉じてしまうのですか?それとも急にパッタッと閉じるの?

K) 除々に閉じていきます。

   それまでは境界線が無く、催眠状態です。


   幼少時代に、

   「あなたは勉強もできないし、運動も不得意だね、ただ、明るいのが取り柄だね。」

   と、言われた時に、「それは間違っている!」と否定できれば問題ないのですが、

   言われたことを信じ、不要な暗示を簡単に受け入れることがあります。


   そして、受け入れてしまったことをスッカリ忘れていることも多いのです。


F) なるほど。


K) プラスの思い込み、マイナスの思い込みのメモリーが、催眠状態でどんどん入力されていきます。


   プラスもマイナスのメモリーも問題を起こし苦しかったりします。


F) 苦しい??

K) はい、そうなのです。説明していきますね。


   顕在意識と潜在意識と綱引きをしたとしたら、

   1人 対 9人 の綱引きになります。


   1人の顕在意識が「 明るい人生 」を望んだとしても、

   9人の潜在意識が、「 人生は暗く、失敗だらけで、人前で緊張するし、明るくないと愛されない。」と信じていた場合、


   9対1で綱引きをするので、どちらが勝つと思いますか?


F) 9が勝ちます。

K) 潜在意識が勝ってしまいますね。

F) はい。


K) サロンでは飲み物をお出ししていますが、


   飲むときに“どちらの手から、どの角度で持ち、どのようにして飲もう”と考えましたか?


F) (笑)考えてないです。

K) そうですね、考えて飲もうとしても難しいですね(笑)


   無意識レベルで行動する部分を潜在意識は管理しています。


F) スポーツ選手が、“靴を絶対に決めた方から履く”とか、っていうのは?

   それも働いている?

K) 決めた方を意識して履いているうちに、潜在意識に入力され、

   そのうちどちらから履くか考えなくても、無意識に決めた方から履くようになります。

F) へー、なるほど。


K) 潜在意識に何が入力されているのかで、人生に変化が訪れるのですが、

   マイナスもプラスの思い込みもどちらも苦しいです。


   例えば、プラスの思い込み「私は明るい。だって、明るくないと愛されないから。」
 
   といったメモリーが入力されている。


F) だから、そういう意味でしんどい?

K) そうです。そうすると、明るい自分を“嫌々”演じています。


   プラスもマイナスもないゼロの状態が本来の私たちの姿です。

   ですが、現在は沢山のメモリーを所持しています。


   1100万ビットの情報です。

   情報量が多すぎて、その中の何が問題を起こしているのかが分からないのです。


   顕在意識で答えを導き出そうとしても分かりません。

   二つの間の扉が閉じてしまっているからなのです。


F) この扉を開けるにはどうしたらいいですか?

K) 朝起きた時、寝る前など、リラックスしている時は扉が開いています。

   もちろん催眠中も扉が開きます。


F) 大人になっても開く?

K) はい。


   どのメモリーも問題を起こし、当事者にとっては苦しいです。


   コップを持ったり、歩いたり、無意識に行動する部分は潜在意識が全てコントロールし、オートマチックです。


   もしも、“失敗する”メモリーを持っていると、失敗することぐらい潜在意識は簡単にさせます。

   なぜなら、それを願いだと思っているからなのです。


   それは願いじゃないですよね?


F) はい、苦しいのは願っていません。


K) 例えば、いつも苦しい恋愛ばかりだから、「今度は素敵な人とお付き合いしたい。」と考えているのに、

   “恋愛は苦しく困難”と入力されていた場合、

   無意識に、自分にとって“苦しい”と感じることができる人を見つけてきてはお付き合いをする。


   嫌だと思う方向に歩いているのが分かっているのに、行ってしまう。


   何度も同じ失敗をしているから嫌なのに、気が付いたらまた同じことを繰り返している。


   1つでもメモリーを解除すれば、もしかして、歩く方向や到着する場所が変わるかもしれない。

   訪れるものが違うかもしれない。


F) そうかぁ。


K) 私たちの潜在意識は子供でもあり、顕在意識がお母さんやお姉さんの役割を担っています。

   
   ―イメージしてみてください。


   今居る部屋が意識の中です。


   部屋の中には、小さな子供の潜在意識が一人座っています。

   部屋の中には、パンパンにゴミが入った大きな袋がいっぱい置いてあります。


   よく見ると、それぞれのゴミ袋には文字が書いてあります。

   『さみしさ』『失敗』『明るい子でいないと愛されない』『欲しいものは手に入らない』


   色んな種類の大きなゴミ袋が異臭を漂わしているのに、

   ゴミを捨てることができる母の顕在意識が気付かずにほったらかし。


   残念なことに、ゴミを捨てることができるのも知らない場合が多い…。


   ゴミだらけの部屋で“ベッドが欲しい”と望みました。

   けれど、ゴミだらけで大きなベッドが入らないので、手に入ったベッドはお人形サイズの小さな物。


F) 結局使えない?

K) はい、結局使えなくてゴミになる。


   溜まったゴミを捨てる作業をはじめると、本来の光が入って来るようになります。

   そうすると、本来与えられる事柄がやって来ます。


   大きいベッドが手に入るのかも、それとも、もっと大きい家に引っ越すのかもしれない。


   自分がゴミ捨てをしないばかりに、

   本来受け取るはずの素晴らしいプレゼントが手に入らないようにしているのです。


   そして、ゴミはゴミを引き寄せ続けます。


   嫌な出来事は、嫌な出来事と磁石のように引っ付き、

   それを望んでいると思い、潜在意識は同じものを引き寄せてきます。


   “悲しみ”でいっぱいにしよう!とか。


F) 嫌だー(苦笑)


K) この話を聞くと今すぐにでもゴミを捨てたい!と思いますよね。(笑)


   皆さんも普段の生活の中で少しずつゴミを捨てる作業を行っていますが、


   『 問題を起こしているゴミがあまりにも大きく、苦しいのに捨て方が分からない。』

   という場合がありませんか?


   そのゴミ捨てを、手伝う事が出来るのがヒプノセラピー(催眠療法)です。


F) ゴミ捨てを一緒に?

K) はい、そうです。ヒプノセラピストがゴミ捨ての補佐をすることが可能です。


   ただし、ふみこさんが潜在意識の中のゴミを捨てよう!と望むことで、

   ヒプノセラピストはゴミ捨てのガイドをすることができます。


   本人が望まない限り、勝手にゴミを捨てませんし、勝手にゴミを捨てる事はできません。


   それから、ゴミを捨てたいと望まれても、ゴミを所持することで、

   何らかのメリットがある場合、無意識の部分で拒否する方もいらっしゃいます。


   ゴミを捨てても、捨てなくても、

   どちらを選ばれてもヒプノセラピストは“良い、悪い”の判断を一切行いません。


   ご本人様がそれで良いのでしたら、“良い”のです。


F) その“悲しみ”を残しておきたいとその人が思ったら、それは残ったままになるの?

K) そうですね、ゴミ捨てまではしなくても、

   その事に“気付く”ことで、なんらかの現象が起きることが多々あります。


   例えば、主婦の方で、手を怪我しました。

   その事によって、いつもより旦那様が優しく接してくれるので、愛されている実感がある。


   そのうち潜在意識に「怪我をしていないと愛されない。」と信じ込ませてしまった。


   そうすると、口では、「痛いから早く治したい。」と言いますが、

   9人対1人の、9の潜在意識が「怪我をしている方が良い」と信じているので、

   特定の怪我が治癒しても、違う場所の怪我を作ることや、問題を起こすことがあります。


   なぜなら怪我をしている方が、旦那様に愛されるメリットがあるから。


F) なるほど、そっかぁ。

K) ですが、自分ではメリットと知らない、「病気だと優しくしてくれる。」と、いつの間にか信じてしまった。


   間違って信じてしまったメモリーから、解放されるとどんな人生が待っているのか?
   

   そこから、ありのままの自分は大切で愛すべき存在と気付くかもしれない。


   もちろん、手放せなくとも、ゴミを抱え込んでいた自分に気が付いてあげるだけでも十分です。


   まず、一歩前進です。


   どちらを選ぶこともできます。ご本人様次第です。


   今の苦しい気持ちから解き放たれ、光に満たされた本来の自分はどんなだろう?

   本来与えられるものはなんだろう?と思った時にヒプノセラピーは役に立ちます。


   高所恐怖症、閉所恐怖症なども、一瞬で催眠に入った可能性があります。


   高いところが怖いのも、赤ちゃんの時にちょっとした高さから落ちた経験があり、

   「高いところは怖い、危ない。」と一瞬で入力され、

   大人になって本人は忘れているのに小さな低いテーブルの上に上るのも恐怖を感じる。


F) 例えば、子供のころ、母親が「高いところは怖い。」と言っていたのを聞いて、高い所が怖く感じている事もある?

K) はい、あります。


   経験した事がなくても、イメージしたことで体験している可能性はあります。


F) なるほど。


K) ヒプノセラピーの多くのセッションは、間違って入力された不要な催眠を『解く』作業です。


   不要な催眠から解き放たれることで、人生になんらかの変化が起こります。


   マイナスメモリー、プラスメモリーのない「ゼロ」の状態が本来の私たちの姿です。


   “ゼロ”は愛の状態です。


   ゼロは愛なので、周りから見るとプラス思考に見えます。

   “その人そのもの”なので、楽しいし、楽しそうなのです。


   「楽しい事」を意識しなくても、それがその人の考え方や感じ方なのです。


   ヒプノセラピーによる癒しは、

   瞬間的に感じる方がいらっしゃれば、数年経ってから気がつく方もいらっしゃいます。


K) 私たちは素晴らしい気質をもって産まれました。


   この世でしようと決めたこと“使命”の為に必要な才能は十分兼ね備えています。

   ただ、いつの間にかメモリーでいっぱいになって忘れてしまっただけなのです。


   メモリーからクリアになって本来の姿を思い出すと、

   プレゼントされるはずであったものが目の前に現れます。


   それは、新しい出会いかもしれないですし、

   素晴らしい恋愛、結婚、健康、仕事、収入かもしれない。


F) そうすると、もしかして「私これやりたい!」と思い出すかもしれないのですか?

K) 気付き方や感じ方は十人十色ですが、思い出すかもしれませんね。

F) すごい!!おもしろいですね。早く思い出したくなりました。


K) そうですね、自分自身をクリアにすることで本来の姿に戻り、

   わくわく楽しい日々を選択していきましょうね(^^)


   その為にも、自分自身を癒し、愛す、メンテナンスの時間はとても大切で、有意義なものです。


   
   それでは、ヒプノセラピーについてお話をしてきましたが、今はどんなイメージですか?


2  体験談


F) 以前は自分の意識が催眠の誘導で、されるがままになってしまうイメージがありましたが、

   自分が選んでそこまで行くのだということが分かったので、

   入りやすくなったし、ヒプノセラピーが身近になりました。


   催眠って言葉自体に、一つ壁があるように感じていたし、催眠の言葉の重さみたいなものがありましたが、
 
   実際話を聞いてみると「散歩へ行くような感じで受けられる。」と分かって、そんなに重くないし気楽な感じです。


   友達に相談をするような感じで自分に相談するから、より簡単といえば、簡単な方法だと思います。

   そこへ行くまでにセラピストにガイドをしてもらえるってこともよく分かりました。


   最初「ヒプノセラピーって、どうかなぁー。」と思っていても「やってみれば。」って気分になりました。
 
   自分のメンテナンスは大事ですね。

TOPリコネクティブ・ヒーリング®リコネクション®ヒプノセラピー催眠療法ワークショップセラピールーム料金表ご予約、お問い合わせ
ご注意事項代表セラピストプロフィールブログアクセスご意見、ご感想サイトマップリンク
Copyright(c) 癒しスペース ぶりりあん All rights reserved